MSBuild Extension Pack を導入

Published: 2016-07-02 11:00 +0900 by Chirimen

概要

MSBuild で手軽に zip 圧縮するには MSBuild Extension Pack を入れればよいらしい。

手順

  • MSBuild Extension Pack のページから MSBuild.Extension.Pack.4.0.13.0.zip をダウンロード
  • 展開して 4.0.13.0\x64 にあるインストーラ MSBuild Extension Pack 4 (x64).msi を実行する (デフォルトで C:\Program Files\MSBuild\ExtensionPack\4.0\ にインストールされる)

使い方

MSBuild.ExtensionPack.tasks をインポートする。 ExtentionTasksPath には MSBuild.ExtensionPack.tasks へのパスを設定しておく。 パスの末尾は “\” で終了するようにする。

<PropertyGroup>
    <ExtensionTasksPath>c:\Program Files\MSBuild\ExtensionPack\4.0\</ExtensionTasksPath>
</PropertyGroup>
<Import Project="$(ExtensionTasksPath)MSBuild.ExtensionPack.tasks" />

<MSBuild.ExtensionPack.Compression.Zip TaskAction="Create"
    CompressFiles="@(TS3Files)" RemoveRoot="$(OutputDir)"
    ZipFileName="$(OutputDir)\$(AppName).ts3_plugin" />

Share

Latest Posts

QNAP の Docker を使ってみる
QNAP の Docker を使ってみる

QNAP で Docker が使用できるようなので使ってみた。 Docker Hub のイメージも利用できるし、 試してはいないが docker compose も使えるようなので、 思ったより柔軟性の高い運用ができそうだ。

UNIX系OS (NetBSD) での Ghostscript 7.07 のコンパイル
UNIX系OS (NetBSD) での Ghostscript 7.07 のコンパイル

UNIX系 (NetBSD) で Ghostscript 7.07 をソースからコンパイルしてインストールし、 日本語フォントを利用できるようにするまでの手順のまとめ。

Windows 用 Ghostscript 7.07 の環境設定

Windows で Ghostscript 7.07 をインストールして日本語を表示させるための環境を構築する手順のまとめ。 ファイルの入手方法から設定、動作確認まで。