Jekyll のテーマを GitHub Pages に適用する

Published: 2021-06-29 19:00 +0900 by Chirimen

ここ数日で作成した Jekyll のテーマ関連の設定だが、 いざ GitHub に up してみると動作しなかった。 確認すると remote_theme として設定しないといけなかったようだ。

GitHub Pages で remote_theme を設定する

GitHub Pages で Bulma Clean Theme を使用するには、 _config.yml で設定される theme の代わりに remote_theme を設定すればよい。

設定するのはテーマの GitHub におけるリポジトリの名称になる。 Bulma Clean Theme であれば chrisrhymes/bulma-clean-theme だ。

remote_theme: chrisrhymes/bulma-clean-theme

ローカルの Jekyll で remote_theme を有効にする

GitHub Pages ではすでに remote_theme が有効になっているので上記の設定だけで動作するが、 ローカルの Jekyll には追加の設定が必要となる。

Gemfile で jekyll-remote-theme をインストールする

Gemfile に gem "jekyll-remote-theme" を記述して jekyll-remote-theme がインストールされるようにする。 記述場所は jekyll_plugins のあたりでよいだろう。

gem "github-pages", "~>215", group: :jekyll_plugins

group :jekyll_plugins do
  (snip)
  gem "jekyll-remote-theme", "~> 0.4.3"
end

追加したら bundle install を実行する。

_config.yml に jekyll-remote-theme プラグインの追加を行う

_config.ymlplugins のところに jekyll-remote-theme を追加する。

plugins:
  - jekyll-remote-theme

_config.yml に remote_theme の設定を行う

remote_theme: chrisrhymes/bulma-clean-theme

以上の設定で、ローカルの Jekyll でも remote_theme が使えるようになる。

あとは、いつも通りローカルで確認して GitHub に up すれば、 指定したテーマが適用された GitHub Pages が確認できるはずだ。

Share

Latest Posts

QNAP の Docker を使ってみる
QNAP の Docker を使ってみる

QNAP で Docker が使用できるようなので使ってみた。 Docker Hub のイメージも利用できるし、 試してはいないが docker compose も使えるようなので、 思ったより柔軟性の高い運用ができそうだ。

UNIX系OS (NetBSD) での Ghostscript 7.07 のコンパイル
UNIX系OS (NetBSD) での Ghostscript 7.07 のコンパイル

UNIX系 (NetBSD) で Ghostscript 7.07 をソースからコンパイルしてインストールし、 日本語フォントを利用できるようにするまでの手順のまとめ。

Windows 用 Ghostscript 7.07 の環境設定

Windows で Ghostscript 7.07 をインストールして日本語を表示させるための環境を構築する手順のまとめ。 ファイルの入手方法から設定、動作確認まで。