Qt 5.12.8 のインストール

Published: 2020-06-17 21:05 +0900 by Chirimen

Visual Studio Community 19 + Qt 5.12 の環境構築を行ったときのメモ その2

はじめに

前回に引き続き、 今回は Qt 5.12.8 のインストールを行う。 最新版の 5.15.0 じゃなく 5.12.8 にしてるのは作成するプラグイン (DLL) の本体側が 5.12 系列のため。

作成する環境は前回示したのと同様。

  • Visual Studio Community 19
  • Qt 5.12.8 MSVC 2017 64-bit

ダウンロード

Qt のサイトのダウンロードページに行くと、 下のように各種のライセンスなどに応じた複数のダウンロードリンクがある。 ここでは “Downloads for open source users” を選択した。 “Go open source” のリンク先に飛ぶ。

ダウンロードページ

“Go open source” のリンク先のページをずっと下の方にスクロールするとダウンロードボタンが出てくる。 インストーラのファイル名は qt-unified-windows-x86-3.2.3-online.exe だった。

ダウンロード

インストール

インストーラの実行

ダウンロードしたインストーラを実行する。

インストーラ

Qt のサイトにサインイン

Qt のアカウントとパスワードを入力してサインイン (ログイン) する。 アカウントがなければサインアップしてアカウントを作成する。

アカウント

オープンソースライセンス利用条件の確認

Qt のオープンソースライセンス利用条件に適合しているかどうかの確認と同意を行う。 “I have read and approve the obligations of using OpenSource Qt” にチェックを入れて「次へ」。

オープンソースライセンス確認

セットアップの開始

セットアップを開始する。

セットアップ

コンポーネントの一覧などのメタ情報を取得。 割と時間がかかる。

メタ情報の取得

Qt のサイトに情報を送ることを許可するかしないかを選ぶ。

Qt のサイトに情報を送ることを許可

Qt をインストールするフォルダを指定する。

インストールフォルダの指定

コンポーネントを選択

インストールするコンポーネントを選択する。 すでに述べたように、Qt 5.12 系列のアプリケーションのプラグイン作成目的なので Qt 5.12.8 の中の MSVC 2017 64-bit を選ぶ。

そういう制約のない人は普通に最新版を入れるのでよいと思う。 複数のバージョンを入れることも可能。

コンポーネントの選択

使用許諾契約の確認と同意

Qt の使用許諾を確認して同意する。 オープンソース版なので LGPL ライセンスになっている。

使用許諾契約の確認

スタートメニューのショートカット作成

スタートメニューのショートカットを作成する。 とくにこだわりがなければそのままでよい。

ショートカット作成

コンポーネントのインストール

選択したコンポーネントのインストールを開始する。

コンポーネントのインストール

コンポーネントのダウンロードとインストール。 割と時間がかかる。

コンポーネントのダウンロードとインストール

インストールの完了。 Launch Qt Creator のチェックが入っているので 「完了」を押すと Qt Creator が起動する。 チェックを外して単に終了してもよい。

インストールの完了

おわり

これで Qt5 のインストールは完了。 次は Visual Studio から Qt を使用する設定を行う。

Share

Latest Posts

QNAP の Docker を使ってみる
QNAP の Docker を使ってみる

QNAP で Docker が使用できるようなので使ってみた。 Docker Hub のイメージも利用できるし、 試してはいないが docker compose も使えるようなので、 思ったより柔軟性の高い運用ができそうだ。

UNIX系OS (NetBSD) での Ghostscript 7.07 のコンパイル
UNIX系OS (NetBSD) での Ghostscript 7.07 のコンパイル

UNIX系 (NetBSD) で Ghostscript 7.07 をソースからコンパイルしてインストールし、 日本語フォントを利用できるようにするまでの手順のまとめ。

Windows 用 Ghostscript 7.07 の環境設定

Windows で Ghostscript 7.07 をインストールして日本語を表示させるための環境を構築する手順のまとめ。 ファイルの入手方法から設定、動作確認まで。