Visual Studio Community 19 のインストール

Published: 2020-06-17 21:00 +0900 by Chirimen

Visual Studio Community 19 + Qt 5.12 の環境構築を行ったときのメモ その1

はじめに

TeamSpeak3 っていうチャットツールのプラグインを過去に作ったんだけど、 当時の開発環境が残ってなくて、今入手可能な新しめの環境でコンパイルできるようにしたので そのための記録を残しておく。

インストールしたツールは下記の通り。

  • Visual Studio Community 19
  • Qt 5.12.8 MSVC 2017 64-bit

Visual Studio (VS) は最新の19だけど、Qt は現時点での最新ではない (最新は 5.15.0)。 これは TeamSpeak で使用している Qt が 5.12 系列なのでそれに合わせているため (最初 5.15.0 で作成してたら実行時エラーで動かなかった)。

前置きはこれくらいにして、 まずは VS19 のインストール

ダウンロード

Microsoft の Visual Studio ダウンロードページ に行くとエディション別にダウンロードリンクが分かれている。 ここは個人開発なので「コミュニティ」を選択してダウンロード。

ダウンロード

インストール (インストーラの)

ダウンロードしたインストーラ (vs_community__2030548576.1592139136.exe という名前になっていた) を実行する。

「いくつかの点を設定する必要があります」とあるけど設定できるような箇所はなかった (見落としてる?)。 続行ボタンを押すくらいしかすることはないので押す。

インストーラ

完了したのはインストーラのインストールで本体はこれから。ダウンロードさえしていない。

ダウンロードとインストール

コンポーネントの選択とインストール

インストーラが自動起動し、インストールするコンポーネントを選択する画面が表示される。

ここでは「C++によるデスクトップ開発」にチェックを入れる。 インストール場所をデフォルトから変更したい場合もこの画面だ。

コンポーネントの選択

そこそこ時間がかかるけど回線状態が悪くなければそのうち完了。

コンポーネントのインストール

サインイン

マイクロソフトアカウントでサインインしておく。

アカウント

おわり

これで Visual Studio Community 19 のインストールは完了。 次は Qt のインストールを行う。

Share

Latest Posts

QNAP の Docker を使ってみる
QNAP の Docker を使ってみる

QNAP で Docker が使用できるようなので使ってみた。 Docker Hub のイメージも利用できるし、 試してはいないが docker compose も使えるようなので、 思ったより柔軟性の高い運用ができそうだ。

UNIX系OS (NetBSD) での Ghostscript 7.07 のコンパイル
UNIX系OS (NetBSD) での Ghostscript 7.07 のコンパイル

UNIX系 (NetBSD) で Ghostscript 7.07 をソースからコンパイルしてインストールし、 日本語フォントを利用できるようにするまでの手順のまとめ。

Windows 用 Ghostscript 7.07 の環境設定

Windows で Ghostscript 7.07 をインストールして日本語を表示させるための環境を構築する手順のまとめ。 ファイルの入手方法から設定、動作確認まで。